2013年4月29日月曜日

ちょっちょ 漢字学習

ちょっちょの漢字学習。
2年生までは結局ドリルを少量ずつやることで済ませてしまいましたが、3年生になってからは、どんぐり倶楽部の漢字学習をアレンジしてやっています。


 
漢字辞典と色鉛筆、筆ペンを用意してやっています。
2冊の本から、必要なところを抜き出して作った母お手製プリントを1文字につき2枚。
 
漢字辞典は、ちょっちょは字の形から部首を想像して、部首から引いています。
部首から引いて見つからなかった時は音訓索引を使っているようです。
あっという間に自分で漢字辞典を使えるようになりました。
 
初めは塗り絵の部分に書き順を入れていましたが、数字が入ってしまっていると自分で書き順を意識していないようだったので、書き順は自分で入れさせるようにしました。
 
単語や例文も最初はすごく時間がかかっていましたが、例文作るのも上手になりました。
このプリントには「や球のだ球が気球にあたった」と書いてあります。
野球の野、打球の打はすでに習っているので漢字を使ってほしいところですが・・・(笑)
 
筆ペンを使って1文字大きく書くのも慣れてきました。
最初はフェルトペンを使っていましたが、筆ペンにすることでトメ、ハネ、ハライを意識しやすくなったようです。
 
最初のころは1日で4文字分やらなくてはいけなかったので、大変でした(慣れてないし)
でも、最近ではだいぶ慣れてきて、順調にできるようになってきました。
1日2文字なら、まぁ無理がないかな?という感じです。
 
お楽しみの右上のマンガを読んで笑い、漢字辞典で周囲の字や部首に引っ掛かり「へ~」とあっちこっち脱線しながら学習します。
ゆっくりじっくり味わいながら取り組んでほしいなと思っています。


2013年4月28日日曜日

ちょっちょ家庭訪問終了

ちょっちょの担任の先生、変わってる(笑)
面白い先生だ。
家に上がらなかった先生は今回の先生が初めて。
「沢山お話ししたいことがあるので、あがってください。」と促したけど
「いや、ちょっと腰が・・・ 座るのはちょっと。ここでなんでも聞きますから、お母さんは座ってください」だって(笑)

先日、学校の読み聞かせの集まりに参加した時、同じクラスのお母さん達が「宿題少なすぎるよね~」と話しているのを聞いてしまった。
うっ・・・ 宿題多くて無理ですって私が先生に伝えたあと、漢字ドリルの宿題は一日の量が半分に減った。
要領の良い子なら、確かにドリル1ページなんて大したことないんだろうな~
でも、毎日新出漢字4文字ずつって、しっかりやろうとしたらすごく多くないかな??

まあ、その話はいいとして。

先生に「他のお母さん方が、宿題が少ないって言っていたんですよ~」と言ったら先生驚いている。
「少ないですか!?ほ~、2年の時はそんなに多かったんですか?」と。
2年の時は確かに多かった。超ダメダメの単純作業型宿題が。
「宿題増やしてください、と言われる方がいるんじゃないかとドキドキしてしまいました」と話したら先生は増やすことないと約束してくれた。
また、他の子に出す宿題がどうであれ、我が家は我が家流で構わないとお許しをいただいた(ヤッタ!)

少し前に、計算ドリルの宿題の日、ドリル2ページの中から計4問と三角計算をやって宿題として提出した。
先日学校でやってきた100マス計算についても触れて「ちょっちょにはゆっくり丁寧にやりなさい、時間は関係ないと話しました。100マス計算はあっちの数字とこっちの数字をみて違う欄に数字を書かなくてはいけなくって、苦手な子にはそれだけで結構なストレスですよね(笑)ちょっちょはまだ九九が定着していないので、三角計算の形でやらせています。これだと直接割り算にも使えるので」と話したところ
「なるほど。でも100マスのプリントがあと6枚位あるんですよ・・・ でも時間を計るのはやめましょう。」という。
先生、一保護者の意見をそんな鵜呑みにしていいのかな??
三角計算を見て「100マスよりいいかもしれないな・・・」とつぶやいていたし(笑)

長々30分ほど玄関で立ち話をして、最後に「どんぐり倶楽部の本、お持ちになりますか?」と訊くと「はい、ぜひ」というので、「沢山あるんですけど・・・大変でなければ全部お持ちいただいても構いませんよ」と言ったら「じゃあ・・・」と言って全部持って帰った。
先生、時間あるのかな?
ちょうどGWだから少しは時間取れるのかな~?

もう年配の先生だけど、自分のやり方に固執しないで、より良いものを求める姿は素晴らしいな。
100マスのことも、迷ったけどやっぱり話して良かった!

2013年4月23日火曜日

ちょっちょ【3MX18】2013.4


う~ん、リベンジならず。
2MX68の類題ですが、2MX68の時は噴水それぞれから42秒間に50dlなのに、2つで50dlで計算してしまいました。

今回は、噴水ぞれぞれに42びょう間で50dlと書き込んだので、お?いけるかな?と思いましたが・・・

ちょっちょの悪い癖が出まくってます~
頭の中で考えちゃって、ちゃんと絵に描いていません。
延々頭の中で考えて進めようとしてるので、結局途中でこんがらがってしまいました。
よくよく話を聞いてみるとやろうとしていることは間違っていなかったようですが、
答案はさっぱりわからない感じになっていて、自分でも上手く説明できないようでした。
しかも、問題では何時何分何秒でしょう?と訊かれているのに答え20分って・・・

工夫が足りないですな~

2013年4月22日月曜日

今更100マス!

今日ちょっちょが学校でやった100マス計算のプリントを持ち帰った。
しっかり時間まではかっている。

ショック大です・・・涙

どうしようかな~
家庭訪問の時に先生に直談判するか、
ちょっちょに時間を気にせずゆっくり丁寧にやるように言うだけにするか。

悩ましいな~

2013年4月20日土曜日

ちょっちょ3年生、担任の先生は・・・

昨日、授業参観&懇談会がありました。
どんな先生だろう?とワクワク?ドキドキ??楽しみに行ってきました。


実は3年生になってから漢字ドリルの宿題が連日出ているのですが、ちょっちょに訊くとやり方の指示が出ていないとのこと。
それなら!と2年生の時から考えていたけれどできなかった、どんぐり倶楽部の漢字学習を我が家風にアレンジした形でやらせることにしました。
それを、ちょっちょに持たせたところ先生の反応が良かったようなので「お!」と思いました。
何日か後には「先生が、すごすぎて丸がつけられないって言ってた」とちょっちょの報告。
その後、持たせた紙の隅に「すごくたのしそうです。」と先生からのコメントがありました。

そんな訳で、この先生はもしかして分かってくれる先生かも!?とちょっとワクワクしていました。
ただし、毎日毎日漢字ドリルをどんどん進める宿題で新しい漢字が毎日4文字ずつの宿題だったので、この量は無理!先生このペースはありえないよ~(涙)と親子ともども悲鳴をあげていたので参観前日には「もう全部やらなくていいよ!明日先生に無理ですって話してくるから」と言って途中までしかやらせないという状況でした。


授業参観の感想は・・・
2年生までのぬる~い感じと違う!しっかりお勉強してる感じがする~!(当然なんだけど(笑))
ちょっちょからは面白い先生と聞いていましたが、周りのお母さんからは怖い先生と聞いていたので、先生を見て「あ~確かに怖そう。面白そうには見えない」と思いました。
授業もキビキビしていて、トロトロしていると置いていかれちゃいそうです。

それが、参観後の懇談会で先生が話すのを聞いて、「あら結構おしゃべりで面白い」と思いました。
しかし、今年度の各教科の計画などを話されるのを聞いてちょっと不安に・・・
昨年度も3年生を担任した先生が言うには、2桁のかけ算(筆算)になると途端にできないのだと言います。
それを「徹底して習熟させます」とのこと。
これは計算ドリルの反復か~?ひえ~~~宿題マシーンしないといけないのかなぁ(涙)と一人ガッカリしてしまいました。


懇談会の後、先生とお話をしてきました。
昨年度までは先生と話をしたいお母さんが必ず数名はいて順番待ちだったのに、今回はなぜか私だけ。
なぜ!?男の、しかも年配の先生だから??それとも始まったばかりだから??
ま、すぐにお話しできて良かったけど。

「先生、ちょっちょの母です。少しお時間いただけますか?」というと「あぁ、漢字の。」という反応。
「はい。先生、漢字ドリルはいつまで今のペースで進むんでしょうか?我が家のやり方で1日4文字ははっきりって無理なんです。」とお話ししました。
すると先生はすぐに分かってくれて「そうでしょうね、はいはい、じゃあ1日2文字ペースにしましょう。今まで大変でしたね」とすんなり認めてくれました。

と、ここまですんなり話が進んだので、計算についても。
「計算ドリルの反復には意味がないと思っています。計算は手段であって目的にはなり得ないので、目的が分からずに計算の反復をしても本末転倒だと思っています。計算の方法を理解しマスターすれば、その後の反復は必要ないと思っているんですが」と話すと「全くその通りだと思います」と言ってもらえました。

そして、どんぐり倶楽部のこともお話ししました。
ちょっちょの文章題のノートを見せると問題文をしっかりと読んで「面白いですね~」と興味深そう。
「クラスでもやってみたいですね。これはどうしたら良いんですか?本を買うんですか?」ととても積極的な様子だったので「ネットで問題を購入できます」とお話しして、今度の家庭訪問の時に糸山先生の本をお貸しする約束をしてきました!
ちょっちょのノートを見せながら「この問題は2年生の夏にやって手も足も出なかった問題なんですが、3月にはスラスラとできたんです」とお話しすると「うんうん、ずっと考えているんでしょうね、なるほどね~」と話が小脳の自動思考にまで及びそうな感じでした。
こんなにすんなりとどんぐり文章題の良さを理解していただけるとは思っていなかったのでとても嬉しい驚きでした。

60歳手前の経験豊富な先生だからこそなのかな?
今までの経験があって、色々な工夫をしてこられた先生だからこそ一瞬にして理解してくださったのかな?と思いました。

これから1年間、どんな学校生活になるのかすっかり楽しみになりました!

ちょっちょ【3MX23】2013.4



先週末にやった問題3MX23。
CD飛ばしの景品の数を考える問題です。
この問題はややこしい~目が回る~~・・・ ですね。
ちょっちょ一人5枚と書きつつ絵がCD4枚しかないし・・・

問題文をしっかりと絵に書き起こさなかったため途中でこんがらがってしまいました。
車を3台しか描かなかったのが敗因かな?と思われます。

ちなみに、写真ではページをめくって4ページにわたって描いているように見えますが、実際はやぶいた紙を継ぎ足す形でやっています。
あんまり大きく描いて紙を足し過ぎると全体が見えづらくなって良くないのかな~?
でも、一応全部の紙をあっちこっち見ながら進めているようですが・・・?


2013年4月6日土曜日

ちょっちょ【3MX10】2013.4


ガメラ君の恐竜チョコレート問題。
ちょっちょの描いたガメラ君はデジタルガメラ君。
ついでにお財布はガマ口蛙だそうです。
計算に頼ってしまうかな?と思ったらすべて絵に描いて解くことができました。
面白かったのは180円貯めるには何日かかるかな?と考えるのではなく、全部で300円貯めるにはあと何日かかるかな?と考えていたこと。
そのため、100円を基準に考えているので、右側のような絵になりました。


実はこの問題は昨年9月にもやりました。
その時の画像がこちら↓
 
答えは合っているようですが中身がダメダメでした。
この時は、問題を聞いたら頭の中でサッサと計算していて、ほぼ答えが出た感じで絵を描き始めました。
そして、30円+30円=60円、60円の倍で120円、120円の倍で240円。
なんだか多くなっちゃったけど300円以上あれば買えるんだからOKと考え、何を勘違いしたか240円になる日が6日後だと答えを出しました。
絵も筆算もろくに書かずに答えを出したのが間違いの元!
どんぐりの文章題を始めて約1年後、まだこんなことをしていました。

今だって、まだまだ頭の中だけで考えちゃうし、ついつい計算でどうにかしようとしてしまうこともありますが、今回の3MX10は計算に頼らずしっかりと絵で解くことができたかなと思います。



2013年4月5日金曜日

3年生になりました!

今日は始業式。

ちょっちょのクラス替え、母の方がドキドキ。
何人クラスかな?
新しい先生はどんな先生だろう・・・


新しい担任は男の先生だった。
どんな先生だか、さっぱり知らない。
ちょっちょが言うには怖いけど面白い先生らしい。

2年生の時の担任は若い女の先生で優しくてふんわりした先生だった。
マイペースちょっちょのことを買ってくれる先生だった。
ずっとこの先生のままがいい~~と母は思っていた(ちょっちょは気にしていない)


今日、大量のお手紙を持ち帰ったわけだが、その中にさっそく「音読カード」があった。
ついでに今日から音読の宿題があるそうだ(ゲ~~~~ッ)
2年の時は途中から放棄した。親のサインも面倒臭いから放棄した(笑)
 (↑ちょっちょは読書好き&言語能力が割と高いため、はっきり言って音読は上手い。
   読めない漢字も2年や3年の教科書レベルでは無い。
   2年の担任はそれを認めてくれていたので音読放棄していても特にお咎めはなかった。)

 
音読カードを裏返すと「計算がんばりチェック表」と「漢字がんばりチェック表」と印刷されている・・・
はぁ~~~~~ 
宿題は「自学自習!」にしてくれないかなぁ・・・


1,2年生まで3クラスだったちょっちょの学年。
3年生から2クラスになってしまった(ガーン)
転入生が2人入ったそうだが、あと1人足らず3クラスにできないらしい。
という訳で、ちょっちょのクラスは40人!!
マイペースちょっちょなんか、あっという間に置いてかれちゃいそうだ(汗)

少し揉まれて成長しなさい!ってことかな~
頑張れよ、ちょっちょ!




ちょっちょ【3MX01】2013.3


でんでん君のお散歩ロード問題。

50m+50m=1Kmになってます。
順調にスラスラ答えまで辿りついたんだけど・・・ 残念でした~!

2013年4月1日月曜日

糸山先生のブログに・・・

ここのところ忙しくて、糸山先生のブログをチェックできていなかったのですが、久しぶりに拝見したら・・・

ちょっちょの作品が載ってる!
糸山先生の添削付きだ~~!


「ちょっちょ~!こっちおいで!こっちおいで!!」

ちょっちょと二人、パソコンの前でにんまり。


ここのところ「面倒くさい」モードのちょっちょ。
モチベーションアップになったかな?


糸山先生の添削、ダウンロードさせていただいて、プリントして貼ってあげよう♪