2013年9月24日火曜日

ちょっちょ【3MX99】2013.9

<3MX99>
カレイのレイちゃんの誕生日に 缶入りのクッキーケーキを買ってきて、缶ごと重さを量ったら4kg700gありました。
このクッキーをみんなで3分の1食べてから、重さを量ったら今度は3kg450gでした。
では、このクッキーが入っている缶だけの重さはどれくらいなのでしょうか。
 
久々にちょっと頭をひねった問題です。
ここのところ「どうしたら答えが出るかはすぐに分かるけど、答えに辿りつくのが大変」という問題が多かったのですが、もっとちょっちょにあった問題をということで大塚先生が選んでくださった問題です。
 
カレイのレイちゃん、お誕生日なのでふわふわのドレスを着ているそうです。
ちょっちょにしては珍しくリボンまでつけちゃって!
缶入りケーキの缶は「中身を食べ終わったらレイちゃんのお部屋になる」という設定で巨大(3m×4m)だそうです。
 
問題を読み終わると「え!?どうしたらいいの?はっ!?」と頭をひねっていました(笑)
挙句に「え!?どうやるの?ママやってみてよ!」ですって!
「は~!?ママがやってどうする!3年生なら十分出来る問題だよ~。ちゃんと絵を見なさい。絵を見て問題をちゃんと整理してごらん。」とだけ言って放置しました。

数分後、「この1/3の重さが分かればいいんだけどな~」

母、心の声:それが分かるのになぜできない!?

さらに数分後「そっか!分かった!なんだ~!」


無事に先へ進めて、すっきりさっぱり晴れやかな顔で終わりました。
ほんと、どんぐり問題が解けた時の(分かった時の)スッキリ感と言ったら、なかなか他のお勉強では味わえない感覚だと思います。

問題を終えた後「まだ、絵描くの。」と言ってレイちゃんが缶に入ったところを描きました。
「この大きさで950gって、ちょっと軽すぎじゃない!?きっとプラスチックだ~!」と楽しんでいました。

今日の問題どうだった?と訊くと「面白かった!」「よかったね」


ちょっちょの絵を見て気になっていることが一つ。
ちょっちょは、描いた絵の状態が変わった時に、最初に描いた絵に書き加えるのではなく、別な絵をもう一つ描くことが多いのです。
これって、いいのかな~?とずっと気になっています。
例えば、今回の問題であれば、最初に描いたケーキの1/3を消せばいいのに、と思うのですが、ちょっちょは別に描き直しています。
直接消すのと別に描き直すのとでは、絵の捉え方が変わってくるんじゃないかと思うので、はたして、今のままでいいのかな~?と。

2013年9月23日月曜日

今日の作品 こちょ2013.9.23


こちょと一緒にステンドグラスのような物をつくりました。
以前から作りたいと言っていてセロハンは買ってあったのですが、なかなか出来ずにいました。
3連休、予定もないし、やらねば!と思い、なんとか、こちょと形にしました。


スカートの柄の部分にセロハンをはさんであります。
こちょが棒をつけて遊べるようにしたいというので割り箸をはさみました。
が、ただの画用紙で作ったので、上の方がちょっと弱くて、遊んだらあっという間にダメになりそう(汗)
まぁ、いいか。
とりあえず作ったことで満足したみたいだし・・・

2013年9月22日日曜日

昨日の作品 こちょ&ちょっちょ2013.9.22

うちではしょっちゅうダンボールの取り合いが発生します(汗)
自営業のため、一般家庭よりはダンボールが豊富なのですが・・・
 
こちらはこちょ&父作。 父&こちょ作、かな?ビー玉転がしで~す。
ちょうど蛍光灯を通販で買った時の筒型のダンボールがあったので、素敵な作品になりました!
脇についているバネからビー玉を落とすこともできます。
 
ダンボールの中を突き抜けて下に落ちる仕掛けになっています。
よく頑張りました~(父が)


そして、こちらはちょっちょ作。
最近、シュライヒ社のフィギュアにご執心のちょっちょ。
(シュライヒのフィギュアは何年も前から少しずつ我が家に集まってきたもの)
動物&恐竜フィギュアにガンプラ(?)をプラスして、この子達の基地を作ったそうです。
 
二階建てで~す!
階段がついたり滑り台(?)がついたりして、なかなかの力作。

世間は三連休でも我が家は普通に仕事のため、子供たちはもてあまし気味ですが、工作三昧もなかなか良いですね~

2013年9月21日土曜日

100を150にしたら1はいくつになるの?

我が家では読売KODOMO新聞を取っています。
週1回で月500円。
ちょっちょは興味のあるところだけ読んでいます。

昨日、ちょっちょが読んでいたのは二黄卵のページ。
私は読んでいないのですが、熱心に記事を読んでいたちょっちょ。

「150が100だと・・・」ぶつぶつ・・・

ちょっちょ「ねぇねぇ、100が150になったとしたら、1はいくつになるのかな?」

母「そうだねぇ~、100が150になったら1は1.5かな?
  100の時が1だと200の時は2でしょ?150だとその真ん中だから1.5じゃないかな~?」

ちょっちょ「そっか」

比の問題ですが、サラッと答えてしまったけど、ちょっちょに考えさせたほうが良かったのかな??


なぜ、そんな事を聞いたのかは分かりません~
たぶん二黄卵の値段のことかな?
20個入り1500円 15個が正規品で5個はサービス品(二黄卵が出なかった時のため)という記載があったので。

ま、次回は自分で考えられるかな?もしかして?

ちょっちょ【0MX68】2013.9

 
【0MX68】
おんぷうの せんぷうきが おおやすうりで 100えん でした。
ごんべえどんは さむがりだったので 4だいも かってしまいました。
ところが、ことしの ふゆは あったかいふゆに なると いわれたので、ごんべえどんは せんぷうきを2だい かえすことにしました。かえすときには せんぷうきは 1だいにつき10えん やすく なってしまいます。
では、2だいの せんぷうきを かえしたときに ごんべえどんは なんえん もらえるでしょう。
 
先日、ちょっちょに「週2回、お絵描き問題をしたいと思ってるんだ」と話しました。
 
2学期に入り宿題はIF法で漢字を見るだけ、計算ドリルは授業が進んだらドリル1ページにつき2題ほどしかしていません。
(2学期に入ってからは担任の先生とまだ話をしていないので、先生はアレ?と思っているかもしれませんが、今のところお咎めなしのよう。)
 
と言うことで、やることが少なくなった分という訳ではないけれど、高学年になる前にもう少しどんぐり問題をやってほしいと伝えました。
(ごく簡単に思考の臨界期についても話し、納得してもらいました)
 
週1問は添削をしていただいている大塚先生からの出題。
もう1問は、ちょっちょが選んだ問題。
 
そして、今回はちょっちょが選んだ問題です。
0MXから4MXまで混ぜた問題の中から難しそうなのを外して(笑)、面白そうなのを集めていました。
で、これやったことない。面白そう&簡単!ということでこの問題を選びました。
 
温風の扇風機、羽の下で火が燃えています。
10円引きで返品してもらえることになって、ごんべいどんは大満足なようです(笑)
 
ちなみに、母も一緒に同じ問題をやりました。
母が描いた絵は、お店のおじさんに返品を怒られて、しょげているキツネのごんべいどんでした。
対照的な二人の絵が面白かったです。
 
 
 


2013年9月17日火曜日

ちょっちょ【3MX04】2013.9

<3MX04>
デンデン君は、毎朝公園の周りのお散歩ロードを1周します。
お散歩ロードは1周4kmです。
デンデン君は30分で500m進むことができます。
では、デンデン君が朝のお散歩以外に使える時間は1日に何時間何分あるでしょう。
 
以前にも何度もやっているお散歩ロードの問題。
先生から「もう定番かな?余裕で楽しく描いてほしいですね。」とのお言葉と一緒にいただきました。
 
この手の問題は必ずちょっちょの良くない点がでます。
今回は始める前に「描いた絵を使って考えるんだよ。描いた絵に描き足したり変化させたりするんだよ。絵を描いても解くのは別じゃあダメなんだよ。」とちょっとしつこく言ってみました。
お散歩ロードに進んだ距離と時間を直接書き込んで欲しいな~なんて思って。
 
でも、やっぱりお散歩ロードはお散歩ロード。
進んだ距離と時間を考えるのは直線で、になってしまいました。
 
「お散歩ロードに書き込んだら分かりづらくなっちゃったから、お散歩ロードを直線にのばしてみたよ」ならいいのかな、と思いますが、残念ながら毎回お散歩ロードはただの絵と化しています。
(しかも今回は公園の絵がない!)
 
「余裕で楽しく」 余裕はあったかもしれないけれど、イマイチ・・・ と思わずにいられませんでした。

2013年9月13日金曜日

2学期スタート

夏休み最後の日に、ちょっと落ち込んでいたちょっちょ。
学校が始まってみれば、やっぱりお友達とのアレコレは楽しいようで、元気に通っています。
ようやく早起きのペースも掴めてきたようです。

学校では始業式の次の日から授業スタート。
今、算数では掛け算の筆算に入ったようです。
九九が未だ怪しいちょっちょですが、掛け算の筆算を習うのを楽しみにしていたようです。
数日前、計算ドリルを見て「早く筆算習いたいな。割り算にも筆算あるの!?」と言っていました。

そして、掛け算の筆算を習ってきた日。
その日の宿題は掛け算の筆算。ドリル1ページ20問。

ちょっちょに「筆算分かった!?バッチリ?」と訊くと「バッチリ!」と自信満々。
じゃあ確認のために1,2問やってみようと私が難しそうな問題を読み上げました。
ちょっちょはノートに書きながら「ん?あれ?」
「どうした?」と聞くと「まだ繰り上がりのある筆算習ってない!」とのこと。
繰り上がりをどう書いたら良いか分からず、自分で適当に書いてみたけど、あっているのか分からない。
私が教えてしまうのもな~と思いながらも「繰り上がりの数字を書く位置が違うかな~?」なんて一言言ったら「先生から教わりたいからママは言わないで!」と。

「もう、先生っ まだやってないのに宿題出したらダメじゃない。明日、学校に行ったら先生に言ってやる!」プンプン。

結局繰り上がりのない問題を選んで2問やって持って行きました。


2学期がスタートして、1学期までの反省を踏まえて宿題は今まで以上に少なくするつもりです。
計算ドリルは4,5問やっていましたが1,2問に制限。
漢字ドリルはイメージフィックス法を体得できるようにIF法で覚える時間をしっかりとってノートにはほぼ書かない。

そして今まで一番ダメだったと思う「宿題は?」「明日の準備は?」の声掛けを極力しないようにしようと思っています。
これが一番大変なんですが・・・(涙)


そして、できればどんぐり問題を週2回ペースにしたいな~なんて密かに思っていますが、これはどうかな?

2013年9月10日火曜日

ちょっちょ【2MX27】2013.9

 
この問題は本当はタレパンダ君の問題です。
ちょっちょに「今日の問題はタレパンダ君だよ」というと「また~?」という反応だったので、キャラクター変えてもいいよ、ということにしました。

ちょっと考えて「じゃあタレオバケちゃんにする!」ということでタレオバケちゃんの身長伸ばしになりました。

ちょっちょがタレパンダ君をなぜ描きたくないか?
たぶん気にいった絵が描けないからです。
何回描いても何だかしっくりこない・・・?そんな感じです。
まぁ、確かにこのところパンダ君何度も描いていたので飽きてきたのもあるのかな?

「タレオバケちゃん」にして正解でした。
とっても楽しそうに描いていました。
背を伸ばすためにおいしいケーキとジュースを2本も飲んで!
あらあら?身長だけじゃなくて横にも大きくなってしまったようです。
タレオバケちゃんは最後に「うんどうしないと」と言っています。


そうそう、始めに使った鉛筆が薄すぎて写真に写らない!と思って途中で鉛筆を替えてもらいました。
最初の薄い部分はこちら↓
タレオバケちゃんが大きくなってこわ~いオバケになろうと考えているようです。
残念ながら大きいおデブオバケちゃんになっちゃったけどね。

2013年9月5日木曜日

ちょっちょ【2mx16】2013.9

夏休み明け最初の問題です。
チビ君とチョビ君のアリンコ兄弟。

「同じ時間にスタートし」を絵にするのに悩んでいました。
悩んだ挙句「仕方ない・・」と言って文章を書こうとしたので母ストーップ!
「文章書いちゃだめよ~~~」と言うとまたまた悩み・・・
とりあえずスタートラインを引いた絵を描きました。

チビ君、チョビ君それぞれ何秒で葉っぱの上へ辿りつくかを求め、最後に差を求めました。
ちょっちょ的には最後の差を求める部分を遊んだらしく
「⑩と①を戦わせたんだよ!」とのことでした。


(追記)
母ボケボケ。最初に見た時にはなぜか気付きませんでしたが・・・
そうでした、この答案はちょっちょのダメなところがバッチリ出ていました> <
問題を解くのに、肝心の絵を使っていないんですよね。
もうすぐどんぐりを始めて2年近く経つというのに、相変わらずです。
すぐに数字でどうにかしようとする。
ん~、そろそろ何か対策が必要な気がしてきました。

2013年9月2日月曜日

夏休み最後の日

8月27日~30日まで、子供キャンプへ行ってきたちょっちょ。
31日は地域のお祭りで盆踊りの太鼓をたたきました。

キャンプ中、体調を崩していないか心配でしたが、元気に帰ってきました。
とても楽しかったらしく、目を輝かせて色々な話を聞かせてくれました。
翌日のお祭りも元気に遊び、太鼓も頑張りました。

そして昨日(9/1)、夏休み最後の日。

ちょっちょがイライラしている・・・
何だかキツイ目をしていて、こちょにあたっている・・・

どうしたのかな?
疲れちゃったのかな??

お祭りで買ってきたベーゴマが上手く回せないとか、3本あった紐の1本が見つからないとか、そんな理由でイライライライラ。

目がつりあがってキツネのよう。


夏休み最後のどんぐりしたかったけど、やめました。

お昼過ぎ、とうとう自分の部屋にこもってしまったちょっちょ。

う~ん、疲れてるんだろうな~、イライラしていて辛そうだな~と思って、ちょっちょの部屋へ行きました。
「本読んであげる」と言って十五少年漂流記を持っていったのですが、
「本読んでも楽しくないもん。ベーゴマの紐が見つからないと気になって本の世界に入れないもん。本の世界に入れなかったら全然楽しくない!」と涙目になりながら怒るのです。

「まぁ、まぁ」となだめて、気にせず読み始めました。

ちょっちょは、他のおもちゃをいじりながら聞いていました。

しばらくたって、顔をあげたちょっちょを見ると、トロンと目じりが下がっていました。

ちょっちょを呼んで膝枕してあげたら、ちょっとご機嫌が戻ったよう。
良かった。

*********

夜、ちょっちょが「オイラ、今日はすぐに涙出ちゃうんだから、話しかけないで」なんて言うのです。
「どうした~?」と訊くと「夏休みが終わっちゃう。まだやりたいことが沢山あるのに。学校行くのイヤ。」と。

学校行きたくないなんて、ほとんど言ったことのないちょっちょ。
楽しかった夏休みの終わりがちょっちょに不安感をもたらしてしまったようでした。

「今年の夏休みは沢山遊んで楽しかったね~。ちょっちょはすごく成長したと思うよ。学校へ行ったら先生にも話してあげて。」と言ってみました。

普段は父に本を読んでもらいながら寝るちょっちょですが、この日は母が十五少年漂流記の続きを読んであげながら一緒に寝ました。


学校が始まれば楽しい仲間との遊びも再開!すぐに元気になると思います。
でも、宿題などのストレス要因も再開か・・・
夏休み中、どんぐりの過去ログを読み、動画を見て、どんぐりの先輩方のブログを読み、環境設定を見直さないと、と改めて思いました。

2学期、ちょっちょがのびのびと過ごせるよう母は頑張ります!

2013年9月1日日曜日

ちょっちょ【2MX00】2013.8

巨大向日葵の種の問題。掛け算の基礎となる問題ですね~


去年の7月にも同じ問題を解いています。
その時の画像がこちら。
う~ん、前回の絵、いいじゃないですか!?
7月なので、掛け算を習う前の状態です。


今回は6×5=30と掛け算を使ってあっさり解いています。
でも夏休みだからか、ちょっちょにとって楽な問題だからか、楽しんで取り組めていました。

ムチムチチュッチュ

昨日は近所の夏祭り。
お昼過ぎに始まって夜の盆踊りまでなが~い一日。
ちょっちょとこちょも、お昼ご飯を食べ終えて、子供会のお友達と一緒に出かけて行きました。

出かける前の一コマ。

母「蚊がいるから虫よけしていかないとダメよ~」

ちょっちょ&こちょ「は~い」

こちょ「ムチムチ チュッチュ、どこ~?」

母「ムシムシ シュッシュ、臭いからお外でしよ~、おいで~」

ちょっちょ「こちょちゃん、ムチムチ チュッチュかわいい~、もう一回言って~~」笑

そうなんです。
こちょは滑舌がよろしくないんです。


つい数日前、8月生まれのこちょは市の5歳児検診に行ってきました。
その際に滑舌が良くないことが気なっていると相談したところ、今度、市の発達センターで言語聴覚士さんに見ていただくことになりました。

気になっているのは滑舌だけなのに、発音について見てもらう前に全体の発達検査を受けないといけないそうです。
今は発達センターが混んでいて10月の後半に予約を入れました。

発音の問題は幼児期に滑舌が悪くても大人になるまでに8割程度は治るそうです。
が、残りの2割程度の人は大人になっても残ることがあるそうです。

口や耳の機能的な問題なのか、口や舌の使い方の問題なのか、言語聴覚士さんに見ていただくと原因が分かるので、そのまま放っておいても大丈夫なのか、多少の訓練をした方がいいのかをチェックしていただきます。
その後、訓練が必要であれば月1,2回程度発達センターに通うことになるそうです。

今のところ、こちょは自分の発音について全く気にしていませんが、本人が気にし始める前になおせたらいいかな~?と思っています。


でも、ムチムチチュッチュが聞けなくなるのはちょっとさびしいかな?