2013年10月26日土曜日

ちょっちょ 掛け算九九 2013.10

九九といえば2年生の山場ですよね。
ちょっちょだって2年生の2学期は学校で九九の暗唱を頑張って(?)いました。
2学期の終わりにはちゃんと全段合格をもらいました。

が、当然のごとく暗記の苦手なちょっちょに九九がそんなに簡単に覚えられるわけがない(笑)

実は私自身が九九が苦手でした(涙)
父と膝つき合わせて正座させられて九九の暗唱→間違えると棒で叩かれる
そんなつら~い、つら~い思い出が鮮明に記憶に残っています。

ちょっちょが暗記物が苦手だというのは実は小さいころから感じていて、幼稚園年長時代に「九九、ぜったい覚えられないと思う」とお友達ママに話していました。
お友達ママからは「分かってるなら今のうちから少しずつ覚えさせちゃえばいいじゃない」と言われました。
私もそう思っていました。

だから、我が家には九九のCD、DVDが2,3あります。
そして少しはそれらを使っていました。
でも、覚えるのはちょっちょではなくこちょの方。
2歳3歳のこちょが2の段をスラスラ暗唱したりして。
あまりのちょっちょの覚えの悪さに諦めました(笑)
今では諦めて良かったと思っていますが。

どんぐりに出会ったのは1年生の秋。
いよいよ2年生になり掛け算を教わりました。
満を持して三角計算登場です!

担任の先生にもお話しして、三角計算で練習させる了解を取りました。
ドリルの替わりに三角計算。

学校では九九の暗唱。
2学期の終わりには九九の暗唱は何とかなるかな~??という位にはなっていました。
が、2年生の終わりには九九の暗唱は6割程度かな?という位まで忘れていました。
当然、三角計算もやる頻度が落ちれば、分からない物が増えてきました。

3年生になって「九九だけは出来るようになってほしいな~、三角計算の36個だけでいいから」とちょっちょに話し、トイレに苦手なところの三角計算を数個張り付けたりしていました。

最近では、たま~にホワイトボードに三角計算の問題を書いておいたりしています。
ちょっちょの一番苦手なのは7の段。
いつも、九九がぱっと出てこないときは指を使ったり足し算をしたりして答を出しています。
はっきり言って遅い!ですが、それで構わないと思っています。
3年生の2学期に入って、やっと三角計算は9割方OKかな?と言う感じになってきましたから。


こんなちょっちょですが、学校のお勉強はちゃんと理解してついて行っているようです。
算数の成績は2年の時も3年の1学期もしっかりを貰っています。
九九が早口で言えることが条件ではないということですね。
掛け算の概念がちゃんと定着して九九が分からなくても代替の方法でちゃんと答を導くことができればいいんですよね。

今、2年生は九九をやってるのかな?
私の子供時代みたいにスパルタで暗唱させる必要なんて全然ないですよ~!
のんびりやっても、ちゃんとついていけるから大丈夫ですよ~!
それよりも掛け算の概念がちゃんと身についていることの方が大切ですよ~!

ようやくちょっちょの三角計算に目途が立ってホッとできたので、記事にしてみました。

2013年10月24日木曜日

ちょっちょ【3MX26】 2013.10

【3MX26】
今日はクラス対抗牛乳速飲み大会の日です。
カブト君は2分で10本、
カメ君は4分で8本、
タツノオトシゴ君は2分で6本の牛乳を飲みます。
牛乳1本を200ミリリットルとすると、この3人が20分でのむ牛乳の総量はどれくらいになるでしょう。
 
今回は私が口出ししなくても、ちゃんと絵を描けました。良かった。
200×200の分解を間違えてるけど、まぁまぁ、ね。
 

2013年10月22日火曜日

失敗失敗 4MX01その後

4MX01の添削が返ってきて、先生から以下の助言をいただきました。

・やり直しはさせない
・親がジャッジをする立場になってはいけない
・行きつ戻りつすることが良い
・試行錯誤することで別なルートが構築される

その通りでした > <
私は何を焦っていたのでしょう。
7月にはできていた問題が全くできず、絵すらまともに描けない。
それでもそのまま「わからん帳」行きにすればよかっただけですね。

その後、ちょっちょに話を聞くと、学校で計算の山をやっていたらしきことは判明しました。
ストレス要因があったからかな?とも少し思いましたが、それだけじゃないかな。
圧倒的に私の態度が良くなかったです。
ちょっちょを追い詰めるようなことを言ってました > <
「前にやったの覚えてない?その時はちゃんとできてたよ。」なんてひどいことまで言ってしまいました。

こんなやり方では、どんぐりの文章題に何度も同じ問題が出てくること、類題が用意されていることの意味がありませんね。

反省反省。
母はちょっちょ以上に未熟です。
がんばろうっと。

2013年10月18日金曜日

どうしたちょっちょ!?【4MX01】2013.10

【4MX01】
サブちゃんは今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています。
今日は、大カメサブレ6枚と小カメサブレ2枚を1000円で買いました。
大は小の3倍の値段です。
では、大カメサブレは1枚何円なのでしょう。
 
大塚先生からの出題です。
先生からのメールには「得意なタイプの問題かもしれませんね」と書かれていましたが・・・
 
その1
 
その2
 
2回やってもらいました。 日を改めて。
 
ひどすぎる・・・ 全く絵が描けていないじゃないの~~~涙
問題文を絵にすることすらできていません。
これで解けるわけがない・・・
 
ちなみに、この問題は7月にもやっています。
この時は1000÷20が大変だったけれど、ちゃんとできていたのに・・・
 
いったいどうした!ちょっちょ!?
 

2013年10月8日火曜日

ちょっちょ【3MX66】2013.10

【3MX66】
亀の子2人と鶴の子3人が、折り紙を折っています。
どの子も 同じ数だけ折ったら、みんなで35個できました。
一人何個ずつ折ったのでしょう。
 
どんぐり文章題としては、ずいぶんシンプルな問題でビックリ!(笑)
 
ちょっちょの絵は・・・
亀の子→甕 鶴の子→ツルツル→麺 となりました。
最近、問題文のまま素直に描くことは無いな~
問題を考えるより、(変な)絵を描くことに重点を置いてるみたい(笑)
 
で、今回の問題は問題文を読み終えると「35÷5ってことか」と呟いていました。
 
「ちゃんと絵を描いてね~ ついでに式も書いてみてね~、絵の後にね~」と声掛け。
 
 
「う~ん、折紙35個描くの大変だな・・・ 折る前の紙にしちゃえ」
「折紙は折ったら個だけど、折る前は枚か」とかブツブツいいながらやっていました。
 
順調に終わり、甕の子は「も~とうみんしたいよ」、麺の子(?)は「めんがのびちった!」と言っています。
 

お饅頭で分数計算♪

先日、台所のテーブルの上に1つだけお饅頭があるのをちょっちょが発見!

その場にいたのは・・・
ちょっちょ
こちょ

ババ の4人

あんこ好きのちょっちょは「これはっ!・・・食べていいっ??」
「こちょも食べた~~~~い!」

う~ん、すでにおやつは終了し、もう少ししたら夕飯の時間だよ!?
でも実は母も気になっていたお饅頭(笑)
1つしかないのよ~ どうするどうする?

母「ママも気になってたんだ~、そのお饅頭。じゃあ、半分にしてみて」
ちょっちょ「わかった!」とナイフを取り出し半分に。
母「1/2だね~。ちょっと大きいから、じゃあ、1/4にしよっか?」
ちょっちょ「わかった!」と言って半分の半分に切り分けた。

母「ママ1/4頂戴。ちょっちょも1/4ね。こちょも1/4ね。」

残った1切れは・・・
母「じゃあ、これはババにあげよう」
ババ速攻で「いらないよ~!」
こちょ「食べたい!」
ちょっちょ「僕も!」

母「う~ん、じゃあもう半分ずつにしたら?」
ちょっちょ「わかった~」

母「それは何分の1になるの?」
ちょっちょ「1/8」

母「じゃあ、ちょっちょは全部でどれくらい食べたことになる?」
ちょっちょ「・・・3/8!」

母「正解!じゃあ、こちょも3/8だね。ママ1/4。全部で1個に戻るかな?」と言って一緒に指折り数え「8/8になったね!1個に戻ったね~」となりました。

1/4+1/8を考えてた時、頭の中にはお饅頭がバッチリ浮かんでいたはず。
分数はまだ習ってないけど、ちゃんと絵で考えてれば何の苦もなくわかりますね。

2013年10月4日金曜日

ちょっちょ【3MX49】2013.9

<3MX49>
友達10人でミニカード(レッドカードとホワイトカード)を買ったら7865枚も買うことが出来ました。
このカードを同じ数になる様に10人で分けます。
この時、一人ずつのカードが、半分はレッドカード、半分はホワイトカードになるようにするには、
最初に最高で何枚、最低でも何枚のレッドカードを買っておく必要があるでしょう。

ちょっちょの苦手なカード分配問題。
夏休みのわからん帳も見事に手をつけませんでした。
ちょっちょにはまだ無理だろうな~と私も思っていましたが、大塚先生からの出題がこれでした。

前回の3MX99が楽しくて、またこういう問題がいい~!と言っていたちょっちょ。
「今回の問題はちょっと難しいかも。でも頑張って!」と言って問題を読みました。

カード分配問題と分かった途端に意気消沈(笑)
うだうだしながら時間をかけて友達10人を描きました。

「頑張れ、頑張れ!」と何とか進めさせると・・・

「10人」が良かったのか何やら順調に進めていきました。
7865を10に分けてから赤と白に分けることにしたようです。
ちょっちょとしても思ったよりも楽にできてしまって気持ちが上がってきたようです↑↑↑

が、最後は気楽になりすぎたのか1人分のまま計算して終わってしまいました~↓

一番最後の絵は10人がレッドカードとホワイトカードのどちらを多く買うかでケンカをしているところだそうです。

苦手なカード分配問題、ちょっと苦手意識が薄らいだかな??